読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井、外壁が形づいてきました

工事再開2日目の11月8日から、急に寒くなりました。

この2日間で、厨房の壁の貼り付けや天井のビスを隠す竿縁の取り付け、

外壁の改修が進められました。

 

廊下部分は、以前あった収納扉を取り外して、今後板を張り付けて壁にします。

f:id:satoyama-makimaki:20161110094022j:plain

f:id:satoyama-makimaki:20161110094053j:plain

厨房の壁も下地板までできました。

f:id:satoyama-makimaki:20161110094205j:plain

f:id:satoyama-makimaki:20161110094230j:plain

天井は7月に張った板のビスを隠すため、竿縁を取り付けられました。

竿縁は黒く塗ってあるのですが、角を削って木の色を出しことにより、

締りのある天井となります。大工さんの感性が光っています。

f:id:satoyama-makimaki:20161110094500j:plain

f:id:satoyama-makimaki:20161110094514j:plain

薪カフェは、古民家をイメージしています。

そのため、外壁は、モルタルだったところに、焼いた杉板を張り合わせ、

外観も古民家風に仕上げていきます。

f:id:satoyama-makimaki:20161110094715j:plain

f:id:satoyama-makimaki:20161110094729j:plain

壁が黒くなると、とても家が引き締まって見えます。

f:id:satoyama-makimaki:20161110094813j:plain

f:id:satoyama-makimaki:20161110094851j:plain

一階部分の正面と南側の壁は、焼杉板を張り巡らす予定です。

まだ半分も張り終わってないですが、これだけでとても雰囲気が変わっています。

とても楽しみです。